よくあるご質問

→ よくあるご質問一覧

点字図書や音声図書、電子書籍の読み上げとYourEyesサービスはどのように違いますか?

 これまで、視覚障害者向けには、点字図書、音声図書と呼ばれるものがありました。ボランティアが点字に翻訳する、あるいは本を朗読してテープやCDなどに録音し、点字図書館や、オンラインのサピエ図書館などで貸し出されていました。
 ただ、点字の読み書きができない方も多くいらっしゃいます。古い調査ですが、平成8年、13年、18年に行なわれた厚生労働省の「身体障害児・者実態調査」では、点字の読み書きができる方は視覚障害者の10%前後とされており、現在でもその割合は大きくは変わっていません。中途失明されて、点字の習得に苦労された方も多いかと思います。
 音声図書は点字のような習得は不要です。しかし、ボランティアが一冊一冊朗読するために、最新刊の図書が音声図書になるまでに時間がかかり、また多くの書籍の網羅には限界があります。朗読の良し悪しは、ひとりひとりのボランティアに大きく依存してしまいます。

 こうした従来の点字図書や音声図書に対して、スマートフォンやパソコンで電子図書書籍を購入し、スマホやパソコンの音声合成機能で電子図書書籍を読み上げて読書を楽しむ方も増えてきました。この方法だと新刊も比較的すぐに読むことができます。
 しかし、電子図書書籍は、視覚障害者向けの読み上げに特化したものではありません。読み上げに対応していない電子書籍も多く、たとえば小説の主人公の名前など、間違った読み方をしてしまう場合がもあります。

 YourEyesは、こうした点字図書、音声図書、電子書籍の音声読み上げの課題を解決しています。お手元の本を読み上げるサービスですので、高齢になって中途失明した方がご自身の蔵書や、ご家族の方が購入した本、図書館で借りてきた本を読むことができます。読み上げはHOYA株式会社の音声合成ソフトウェア”ReadSpeaker”を使っており、電子書籍の音声読み上げよりも自然な音声になっています。

PAGE TOP